お掃除エアコンのクリーニング【ナショナル編】

ナショナルエアコンクリーニング

ナショナルの自動お掃除機能付きエアコンのクリーニングの様子をご紹介します。

松下電器がパナソニックに代わる前の製品で、10年近く使っているとのことでした。

フィルターお掃除ロボットを搭載した比較的初期のエアコンだと思われます。

クリーニング前のエアコンの汚れ

既にリタイアされたご夫婦のお宅ということもあり、高い所に設置されているエアコンのお手入れはなかなかできないようでした。

作業が危険ですので、そうなりますよね…。

当然汚れは溜まってしまいます。エアコンは空気と共にホコリを吸い込みます。

エアコン上部のホコリ

前面パネルを外すと…

フィルターまわりのホコリが見えてきました。

右側の青い部分がフィルターお掃除ロボットで、左右に動きながらホコリを吸い取ります。この仕組みはパナソニック製の現在の機種でも同じです。

しかし、状況を見るとホコリが擦られて固まりになっており、吸い取られていません。

フィルター周りのホコリ

エアフィルターを外すと…

フィルター内部に入り込んだホコリが見えてきました。

エアコン内部ホコリ エアコン内部のホコリ

ホコリは特に上部から入り、溜まります。

エアコン内部の汚れ

空気清浄フィルター(左)や脱臭フィルター(右)と呼ばれる部分も汚れています。

空気清浄フィルターの汚れ

エアフィルターの汚れ

外してみると、このようにホコリが付着していました。

エアコンフィルターの汚れ

配線処理、お掃除ロボの分解

この辺がお掃除機能付きエアコンの厄介なところです。そのせいで時間がかかってしまいます。モーターも何台か入っています。

エアコン内部配線処理 エアコン内部配線

時にはこんなオジャマ虫の形跡も…。

虫の形跡

またパナソニックのエアコンは、お掃除ロボットがかきとったホコリを屋外に自動排出する仕組みなのでさらに面倒です。

左下のホースを通ってホコリが排出されます(その周りにはホコリがいっぱいですが…)。ホースの中にホコリが溜まっていることもあるので取り除きます。

構造を複雑にすると汚れは溜まりやすいと思われます。

お掃除ホース お掃除ホース内部

左が吸い込み口の様子(溜まっていたホコリは取り除きました)。右が屋外排出口の画像です。

ホコリ吸込み口 ホコリ排出口

配線処理や自動排出機構の分解をすることにより、お掃除ロボットが移動するフレームを外すことができます。フレームの所々にもホコリの固まりが見られます。

お掃除ロボットフレーム

そして露出した熱交換器(アルミフィン)にはホコリが目詰まりしています。空気の流れも冷暖房の効きも悪くなっていることでしょう。

熱交換器目詰まり

アルミフィン目詰まり

エアコンクリーニングの結果

スッキリきれいに仕上がりました。お掃除ロボットフレームとエアコン本体。

お掃除ロボットフレーム エアコン熱交換器

エアコンを洗った洗浄水はこのとおりです。

エアコン洗浄汚水

お掃除エアコン組立て作業

今度は元のとおりに部品を組み立てていきます。配線のつなぎ忘れをしないように。

お掃除エアコン内部 エアコンクリーニング完了

試運転をして完了です。

ナショナルエアコンクリーニング つくば市のハウスクリーニング

少々古くなっては来ましたが、まだまだ現役で活躍できそうです。ご夫妻にも喜んでいただきました。

ナショナルのお掃除機能付きエアコンのクリーニングは、どうぞお任せください。

エアコン掃除

9,200円~

複数台割引きあり

使用頻度に応じてエアコンはお掃除が必要です。

ホコリ詰まりはエアコン効率を下げ、カビの発生は体に影響を及ぼします。


小さなお子さんや高齢者がいるご家庭には特におススメします。

ハウスクリーニングのお得な情報、お掃除のノウハウ情報が知りたい方はフォロー

スポンサーリンク