ダイキンお掃除機能付きエアコン【3年使用】のクリーニング

ダイキンお掃除機能

ダイキン-2013年製Aシリーズ-お掃除機能付きエアコンをクリーニングしました。

ダイキンのエアコンには、高速ストリーマという空気をキレイにする機能があります。

どの位の効果があるのかも含めてのレポートです。

エアコンクリーニングはどの位の頻度ですべきか?

よくお客様に聞かれるのが「エアコンクリーニングはどの位の頻度でした方がいいの?」という質問です。

そのお部屋の環境や使用頻度によって適時が変わってきますので、何ともお答えし難いのですが、判断の基準は次のようなものです。

  • エアコンから嫌な臭いがする。(カビ臭い)
  • エアコンの吹き出し口から黒い汚れが見える。

しかし、これらの現象ははっきりと分かる「黄色~赤信号に該当するサイン」ですので、

  • お子様が小さい。お年寄りがいる。
  • 病人、アレルギー体質の方がいる。
  • タバコを吸う。ペットがいる。

などのご家庭では、少し早めの対応をされた方が良いかもしれません。

車のオイル交換と同じで、掃除の時期を決めておかないと大きく過ぎてしまうことがあります。

今回のエアコンはリビングに設置してあるので使用頻度も高いはずです。

高速ストリーマとは

ダイキンエアコンの機能の一つで「空気もエアコン内部もキレイに」するとされています。

具体的には、

プラズマ放電の一種である「ストリーマ放電」は細菌・カビはもちろん、有害化学物質・アレル物質なども抑制する酸化分解力を持った活性種を生成します。

(取扱説明書より)

とのことであり、さらに

フィルターに捕獲したカビやアレル物質を高速ストリーマで強力に分解し、お部屋にキレイな空気をお届けします。

エアコン内部にも高速ストリーマを照射し、内部のカビやニオイの原因菌を抑制。吹出す気流を清潔にします。

と記載されています。

では、その効果は如何に? 実際のエアコンの様子を見てみます。

3年間使用したエアコンの汚れ

外観はキレイでしたが、内部を分解していくと徐々にホコリや汚れが見えてきました。

フィルターの奥にまでホコリが入り込んでいます。

エアコン内部

表から見えない部品の裏側が汚れています。ストリーマでは十分に防げないのではないでしょうか?

エアコン黒カビ

お掃除ロボットの配線を処理し、お掃除機能を外すとその裏側にもホコリは溜まっています。

エアコン内部のホコリ

アルミのフィンにホコリはこんな感じです。フィンの隙間にもしっかり入り込んでいます。

アルミフィンのホコリ

吹出し口はと言うと、特に奥に見えるファンの羽根にホコリが付き、黒いカビが生えています。

ファンのカビ

エアコンを洗浄した結果

洗剤をかけ汚れを溶かし、たっぷりの水で洗い流しました。その結果、汚れをリセットできました。

 エアコン洗浄結果

エアコンクリーニング

エアコン分解洗浄

小さなお子さんがいるご家庭に

今回は赤ちゃんと幼稚園のお子様がいるご家庭でした。

お手頃な料金使用している洗剤の質(子どもに害のないという基準)でお選びいただきました。ありがとうございます。

子育て世帯向け割引き制度をご用意しております。

本格的な暖房シーズンが来る前にエアコンがキレイになり、安心して冬の時期をお過ごしいただけると思います。

エアコン掃除

9,800円~

複数台割引きあり

使用頻度に応じてエアコンはお掃除が必要です。

ホコリ詰まりはエアコン効率を下げ、カビの発生は体に影響を及ぼします。


小さなお子さんや高齢者がいるご家庭には特におススメします。

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスクリーニングのお得な情報、お掃除のノウハウ情報が知りたい方はフォロー

スポンサーリンク